ホストファミリーへのお土産

2015年1月17日

こんばんは!代表Kumikoです。

ホームステイとなるとお土産なんにしようか・・・と

皆さん悩まれるようですね。 

あるホームステイ説明会に出向いたときも、

お土産はどんなものがいいですか?と保護者様からの質問が。

すると、

「お土産はなんでもいいです。高価なものでなくてもいいです。

100均で色んなものがあるので、そんなものでもいいですよ。」と

スタッフの方が答えておられました。

確かに、高価なものでなくてもいいと、私も思うのですが、、、

だからと言って100均でお土産を揃える、という発想は,

私はちょっと違うような気がするんです。 

海外には、”ま、ひとつ、宜しく!”といった意味での

お土産という発想はないのですが、相手を思ってのプレゼントという習慣はあります。

たとえばバースデープレゼントといったもの。

なので、私は、ホストファミリーへのお土産は、「ま、ひとつ、よろしく!」的な

発想ではなく、相手のことをイメージして(まだ見ぬ相手であったとしても。。。)

選ぶようにしています。

私の直感が当たるかな~など、1人で楽しんでるところもあります。

これまで結構当たりましたよー、その時は、やったー!って、

そこでまた一人で楽しんでます。

年末年始、お世話になったファミリーには、なぜかブルーの”京切子”を選びました。

houseland_ykh-1301

到着するなり、お部屋の中はブルーの色使いが多かったので、

よし!って自己満足に浸りました。

それに食器ボードの中には色んなオシャレなグラスが並んでて、

グラスを選んだのもビンゴ!って感じでした。 と~っても喜んでくださいましたよ。

こんなこともありました。

カナダに行った時のホストマザーに、パワーストーンのペンダントを贈りたくなり、

直感で選んだのがコレ! すると、ホストマザーは、このペンダントを握りしめ、

「あなたが選んだ石は、とっても心地いい石だわ~、

こうやって握ってるだけで私にはわかるの」と言うんです。

ビックリしました! そして・・・

私の滞在期間中ずっとこのパワーストーンをつけくれてました。

DSCF1127 (1024x562)

と~っても嬉しかったです。

そして、昨年の夏、アメリカへ行った時には、阿蘇を描いたこの作品。

日頃から親しくさせてもらってる画家でもあり医者でもある坂本寧先生作。

作品を手にしておられるのは作家さんご本人です。

2014-07-18 12.01.54 (1010x1015)

この作品も、ファミリー宅のリビングの雰囲気にピッタリマッチング!

とても喜んでもらえました。 

もちろん阿蘇に関してのコミュニケーションツールにもなりました。

私が紹介したこの3点は3000円前後で手に入れる事が出来たものばかり。

そうそう、オーストラリア(メルボルン)に行った時の事、

耳かきも海外にはないらしくて、喜ばれましたよ~(*^_^*) 

耳かきは100均で見つけました。

喜ばれるものが100均にあるのであれば、そこで購入しますが、

「100均でお土産を揃える」といった発想は、

これからもしないと思います。

嬉野、夢街道で見つけた手裏剣(500円前後)も喜ばれました。

やっぱり、相手の事を考えて、一つ一つ、選んでいきたいなーと、そこから

ホームステイが始まってると、私は考えているんです。

あなたの事を考えてたら、なんとなくこれを選びたくなって。。。

っていう会話も、現地でしっかりファミリーと楽しんでます(*^_^*)

楽しみ方は、人それぞれだし、また楽しみそのものも、

自分次第でどれだけでも作れる!と、私はそう思います。 


Tags: , , ,

Posted by 【熊本市の留学相談・手配ならエジュ・エボリュ】 at 22:47 / 新着情報

お問合せ

▲ページTOPへ