HOME >  目的から留学先を探す

目的から留学先を探す

目的から留学の詳細を決めて行くのも一つの方法です。

やってみたいこと、行ってみたい場所、あなたのご要望に応じたプランを作成します。まずはどんな留学ができるのかご覧ください。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは観光、就学、就労ができる特別なビザです。制度の趣旨として仕事を主たる目的とすることはできませんが海外でバイトができるビザだと捉えてもらえたら分かりやすいかと思います。ワーホリビザでは仕事をしても、語学学校に通っても、旅行をしてもOK!また滞在方法もホームステイ、シェアーハウスとライフスタイルもさまざま。色んな意味で自由度の高いビザです。

グローバル社会で生きる20代のみなさんは、英語の勉強をしたいけど、あるいは海外に住んでみたいけど、海外で仕事をしてみたいけど、でも経済的に無理!とせっかくの夢とやる気を簡単に諦めてしまう方が多いのかもしれません。

留学の半額以下の料金で海外で滞在しながら勉強してバイトも出来る素晴らしいビザがワーキングホリデー(ワーホリ)ビザです。一生に一度のチャンスなので是非活用してください。

外務省では以下のように説明されていました】

我が国のワーキング・ホリデー制度は、1980年にオーストラリアとの間で開始されたことに始まり、1985年にニュージーランド、1986年にカナダとの間で開始されました。その後、1999年4月から韓国、同年12月からフランス、2000年12月からドイツ、2001年4月から英国、2007年1月からアイルランド、同年10月からデンマーク、2009年6月から台湾、2010年1月から香港との間で開始されました。更に、最近では2013年2月からノルウェーとの間で開始されています。

(外務省ホームページより)

ホームステイ

ホームステイとは現地の家庭に入って生活をしながらその国の文化、言葉、習慣など生活を通して学びます。皆さんはお客様ではなく家族の一員として受け入れられます。 単なる旅行とは違う様々な貴重な体験を通して人生を豊かに彩ることでしょう!

ホームステイ成功に向けた事前研修

情報社会の進展により、「いつでもどこでも」日本のご家族、ご友人と繋がる時代となりました。現代のホームステイを成功させるためには従来のコツに加え情報モラルといった新たな課題も見えて来ました。 さらに情報化社会は私生活化を進行させているとも言われています。弊社では出発前研修としてホームステイ成功に向けた研修をプログラム化しています。 異文化の新たな環境であっても、自分らしさを発揮し、人間関係を構築できるようケーススタディを通して、子ども達が主体的に問題を発見し解を見出していく能動的学修(アクティブ・ラーニング)でホームステイ成功へ向けて取り組みます。 政府は2013年7月に第2期教育振興基本計画を策定しました。そこでは、①社会を生き抜く力 ②未来への飛躍を実現する人材の養成 ③学びのセーフティネット構築 ④絆づくりと活力あるコミュニティの形成といった4つの基本的方向性を示しました。 弊社の事前研修は、単なる海外研修やホームステイに関する注意事項に留まらず、ホームステイを通して生きる力を身につけることを目標としています。現代の子ども達の課題として問題視されているソーシャルスキルの低下、ネット依存症、「ヒューマン・コミュニケーション」学習の弱体化といったことも、ホームステイや留学体験は、人類の主流である対面によるコミュニケーションの豊かな学習の機会に触れることで将来の夢や希望へと繋がる貴重な体験となることでしょう!

個人、または学校主催での事前研修のお問い合わせはメールまたはお電話ください。

ファームステイ

現在、準備中です。

語学留学

語学留学とはズバリ!英語力を伸ばすことを目的としています。
もちろん現地に住むわけですから、日々の生活を通して異文化に触れたり、あるいは孤独を感じたりとするわけですから語学力アップ以上の精神的成長、アイディティの確立が期待できます。

目的が高校や大学を卒業するといった正規の留学とは区別して『語学留学』と表現されるのは、留学先の学校が語学学校となるからです。そこには当然のことながら現地の生徒はいません。世界から語学を学びにくる生徒達が学ぶ仲間となります。入校するには英語力も問われませんし、また年齢制限もなく比較的自由に入学することが出来ます。弊社でも中学生から70代の方まで幅広く手配させていただきました。

社会人の方でも1週間だけお休みがとれたので語学学校に通ってみたい、そういった目的の方にもおススメです。国選び、学校選び、または個別カウンセリングが必要な方はお問い合わせメールをご利用ください

高校留学

高校留学には交換留学と私費留学の2つのプログラムがあります。これは高校時代にしかチャレンジすることのできない長期の留学プログラムです。在籍する学校は現地の高校になります。現地の高校生と同じように英語で各教科の授業を受けます。もちろんクラブ活動にだって参加出来ます。このプログラムに参加するには応募資格があり、選考試験にパスしなければなりません。
弊社代表は交換留学生としてアメリカの公立高校に通いました。弊社代表から交換留学について詳しく話を聞きたい方はメールまたは留学生専用電話をご利用ください。

さて、一方、高校生でも高校留学は語学留学と表現することがあります。それは夏休みの1ヶ月間だけとか、春休みの1週間だけとかを海外で過ごす留学のことです。応募資格も試験も必要ありません。通う学校は語学学校というわけです。そこには、当然の事ながら現地の生徒はおらず、生徒は世界各国やら英語を学ぶためにやってきた生徒達、年齢幅もさまざまということになります。
語学留学は出発日、滞在期間により費用が異なります。
お見積りご希望の方は、メールまたは留学生電話をご利用ください。

大学留学

現在、準備中です。

親子留学

親子留学とは親御さんとお子様が同じ留学先で一緒に留学をすることです。お子様を幼い頃から生の英語に触れさせ海外体験させたいとお考えの方、一方で、親御さんも学校へ行き、英会話レッスンを楽しみたい!とお考えの方、弊社では旅行とは一味も二味も違う親子留学をプランニングをさせていただきます!

弊社おススメの留学先は、オーストラリア、ニュージーランド。両国とも親子留学が盛んで、受け入れ体制も整っています。自然に恵まれ気候も穏やか、治安も良いということもあり、オーストラリア、ニュージーランドは親子留学の留学先としては大人気です。また、日本との時差が少なく、日本にいるご家族と連絡が取りやすいという利点もありますね。

親子留学のスタイルとしては「親御さんもお子様も学校へ通い英語を学ぶ」「親御さんが通学し、お子様を連れていく」「お子様が通学し、親御さんが同伴する」という3タイプがあります。留学時期、お子様の年齢、留学期間によりプランは異なりますので、ご希望、ご要望をエジュ・エボリュ カウンセラーにお聞かせ下さい。

とは言ってもね~もちろん相談もしたいけど・・・。でも親子で留学となると、それなりの費用がかかるし、とさっさと諦めてしまう方も多いのでは? そこでちょっと待った!!!

フィリピン親子留学はいかが? えー?フィリピン!治安が・・・と不安になりました?
フィリピンと言っても日本人旅行者にも人気のセブ島が留学先です。
2015年、この夏、PINESがキャンパスをOPEN!学校名は『CEBU BLUE OCEAN ACADEMY』
キャンパスがあるのはセブの中でもリゾートの一等地のマクタン島☆
目の前は白い砂浜と透明度の高いエメラルドビーチ学生専用の食堂はもちろん、ジムやカフェまであるピカピカの新設校です。 そして学生宿舎はフィリピンとは思えない豪華なリゾートホテルプールが3つもついて、プールサイドにはBARもあります部屋からも美しいセブの海が一望でき、日本人には嬉しいバスタブジャグジー付!!
これだけの嬉しい内容なのに・・・費用はオーストラリアやニュージーランドの半額!!! それに航空券も往復で5万程度(出発時期により異なります)。フライト時間も
詳しくは、メール、またはお電話にてお問い合わせください。

有給インターンシップ

現在、準備中です。

ボランティア留学

現在、準備中です。

お問合せ

▲ページTOPへ